法律と法令の違いとはどのような点でしょうか

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

法律 法令 違い

ビル

法律と法令の違いとはどのような点でしょうか

法律と法令の違いについて、あなたはご存知でしょうか。
あまり関心が無いという人もいるでしょうし、関心があっても、ぱっと見どちらも同じような感じだと思う人もいるでしょう。
大まかにいえば、前者は国会に法案が提出され、議決を経て成文化されて、施行されるもののことを指します。
一方後者の方は、前者に加えて政令や省令などを含めたすべてを指します。
政令というのは、国会ではなく内閣が制定するものであり、省令とは各省庁が制定するものです。
法律の場合は施行までに一定期間を要しますが、法令の場合はその短い間で施行、または改正できるのも両者の大きな違いであるといえます。
優劣関係に関してはやはり法律がトップで、次に政令、そして省令となります。
またいわゆる政令指定都市は、この政令により定められています。
それからこれらと混同しやすいものとして、通達があります。
この通達というのは上級の行政機関が、法令の解釈に関して下級の機関に対して送る文書のことです。