日本国憲法は法令のトップである

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

法律 法令 違い

ビル

日本国憲法は法令のトップである

法律とは社会規範のことであり、国会により制定される成文法になります。
国民は国会によって制定された内容を、遵守することが求められるのです。
似ている言葉として、法令というものがあります。
二つは同じものでは、ないです。
その違いは、法律・政令・省令といったものを全てあわせたものが、法令になります。
つまりスパゲティの総称を、パスタというようなものなのです。
日本には現在商法や民放といった何種類もの、法が存在しています。
その数は莫大な量ですが、それでもまだまだ定めなくてはならない決まりがあるのが、法の難しさです。
人が三人集まると諍いごとや、トラブルが起こるという説があります。
これは必ずしも確実ではない事柄ですが、多数の人間が集まるとそこには、何らかの取り決めが必要になるのです。
そうやって少しずつ出来上がってきたのが、各国による法全般になります。
日本の法令は種類ごとに優劣の順位が、決まっておりそのトップにあるのは日本国憲法になるのです。